2013年08月18日

卵胞チェック

生理周期12日目に卵胞チェックへ行ってきました。いつもは12日目くらいには排卵するのですが、今周期は卵胞も小さく、内膜も7.8mmと過去最少記録〜(^^;)排卵するまであと4日間程かかると言われました。漢方薬の影響か、それとも暑さの影響だろうか・・。がんばってタイミングを取ってきたのですが、卵ちゃんの日はまだ先だったのね〜あせあせ(飛び散る汗)励む日々は続きます・・パンチ

今日は旦那さんと映画を見に行ってきました。「少年H」という映画です。戦争時代を生き抜いたある家族の物語。あの時代は生きるのに本当に必至だったのですね・・。今こうして自分が手にしている平和と幸せを改めて抱きしめたくなりました。不妊治療に励めるのも平和な時代だからこそ、ですよね。

病院の先生にもそろそろ体外受精だねと言われて、いよいよその時が近づいているのを感じます。私にとって、本当に大きな賭けです。人生を掛けたロシアンルーレットです。

不妊に良くないと言われている甘い物が全然止められない、意志の弱い私ですが、頑張り過ぎず、頑張りたいと思います。

明日は旦那と福井県のプールへ行ってきま〜すリゾート

水着、入るかな?あせあせ(飛び散る汗)

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
posted by カスタードくりーむ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タイミング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

黄体ホルモンの検査結果

今月も排卵期へ突入! いつもの病院へ行ってきました病院今日は周期11日目ですが、卵胞は23mm、内膜は13mmで排卵間近でした目良い卵ちゃんが、しっかりと排卵してくれますようにグッド(上向き矢印)

それから、前回に受けた黄体ホルモンの検査結果が出ました。測定値は11.87でした。10以上が正常値とのことで、何の問題もなしとの結果でしたダッシュ(走り出すさま)過去の化学的流産は、黄体機能不全が問題ではないことが分かり、少し安堵しました。vv

そして昨日は大阪の不育症専門病院で、不育症検査を受けてきました。落ち着いた感じの先生で、じっくりとこれまでの経緯を聞いていただきました耳私の手の温度を確認されて、「今、温かいけど、あなたは冷え性だったでしょう?」と言われ、まさにその通りです・・(^^;)今、冷え対策をがんばっているので、体は冷えていないのですが、過去の冷えまで分かってしまうのですねがく〜(落胆した顔)ゲゲ! 当帰芍薬散を処方されました。

検査は基礎検査と呼ばれるものを受けることにして、保険適用内の検査はフルで、保険適用外のものは必要最低限に絞って、受けることにしました。血液検査のみで、ちょっと多めの血液を採血されました。費用は全部で3万円に収まり、予想していたよりも安く済みました。ダッシュ(走り出すさま)結果は7月の半ばに出ます。血液から自分の遺伝情報まで分かるようで、かなりドキドキなんですが、しっかりと現実を受け止めて、前に進みたいと思いますパンチ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
posted by カスタードくりーむ at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | タイミング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

先生から元気をもらう

化学的流産後、初めて病院へ行ってきました。子宮ちゃんの状態を調べてもらうためです。今月の生理は痛みも強く、結局ダラダラと8日間も続きました。

内診台へ上がり、生理から9日目のエコーを見ると、ポッカリと大きな黒丸が・・。

先生:もう次の卵胞が育ってますね。内膜も10mmです。数日のうちに排卵しますよ。わーい(嬉しい顔)

私:はぁ〜。そうですか。これが胎嚢だったらなあ・・バッド(下向き矢印)

先生:後ろ向きな気持ちになっていたらだめですよ。2回の化学的流産は気にしなくて大丈夫です。ここ3カ月くらいは妊娠しやすい期間ですから、どんどんと畳み掛けるように行きましょう!

私:はぁ・・ダッシュ(走り出すさま)

診察が終わって、カウンセリングルームへ

私:黄体機能不全が気になっているんです。今周期に、血液検査をしてもらえますか?それから不育症の検査は必要ですか?

先生:2回妊娠できたのは良い傾向です。化学的流産は毎月50%くらいの確率で起こっているのですよ。気付かない人も多いのです。だから気にしなくて結構です。
黄体機能は1年前の検査では問題ありませんでしたが、気になるようなら、念のためにやっておきましょう。不育症検査は、うちの病院で対応していますが、今のカスタードくりーむさんには必要ないでしょう。このままタイミングでがんばっていきましょう。あなたは絶対に妊娠できますよ。大丈夫ですからね。

私:はぁ〜ダッシュ(走り出すさま)でも私、もう34歳になっちゃいましたよ。

先生:34歳なんて、うちの病院では全然若い方ですよ。これまでの検査ではどこも悪い所は見当たりません。妊娠が難しいと思われる状態でも妊娠できた患者さんがたくさんいるのですよ。前を向いて行きましょう!!

診察室を出る頃には自然と笑顔になっていました。先生は常に前向きな姿勢で、プラスの言葉をくれます。
愚痴や不安な気持ちを聞いてくれる先生、ありがたいですね。

この病院は実力が県内一の病院なんです。患者さんも多くて先生は常に忙しいはずですが、心の声に耳を傾けてくれる先生の姿勢に安心感を得られるので、通院するのが苦になりません。この病院で結果を出したい、本当にそう思います。

不育の検査は別の専門病院で予約済みなんです。費用も高いのでどうするのか迷いますが、ひとまず予約を取ったままにしておこうと思います。

不妊治療は、子宝という幸せを得るための治療。ガンや病気を治すための治療とは違い、治療しなくても命に別状はない。衣食住が整っていて、自分が健康であるからこそ受けられる治療。貧しい国に生まれていたら、不妊治療自体、受けられるはずもない。そのことを常に忘れないで、希望を持って進んで行きたいな。犬

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
posted by カスタードくりーむ at 17:08| Comment(2) | TrackBack(0) | タイミング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする