2014年01月14日

新しい自分に出会うために

不妊治療を長く続けていると、自分の心が不安定だなあと感じることがあります。昨日は「妊娠に向けてがんばるぞ!パンチ」と思っていたのに、今日は「私は一体いつになったら卒業できるのだろう・・バッド(下向き矢印)」なんて、まるで日替わり定食みたいにコロコロと気持ちが変わる。その日の天候に気持ちが左右されたりもします晴れ雨専業主婦は人と話す機会も少ないので、つい一人で悶々としてしまうことが多い。働いていたら、気持ちもまぎれて良いのかもしれないけど、また別のストレスを受けるだろうし、どっちもどっちなのかもしれないと思う。

ゆっくりと、心と体を疲弊させてゆく不妊治療。しかしながら、そもそもこの治療は誰に強制されたものでもなく、自らの意思で始め、自ら走り始めたものだった。だから「終わりなき不妊治療」なんてものは存在しないような気がする。もう止めようexclamationと思えば、今日からだって止められる。私は自分の意志で、この不妊治療という憂鬱な道を選び取ってきたのだった犬不妊症になったのは勿論、自らの意思ではなかったけれど、不妊治療を望んだのはこの私。手(パー)

辛かったら、嫌になったら、ハッキリ言って、止めちゃえば良いのだexclamationそれで自分が納得できるのなら。


だけど・・だけど今は、やっぱり赤ちゃんを抱いて微笑んでいる自分に出会いたい。母になりたいと思う気持ちはまだ衰えておらず、むしろ溢れてくるばかり(だからやっかいなんだよね)

ある先生が言っていた。不妊治療の止め時は、自分の中でパッションがなくなった時です。と・・。

私の中で、パッションはまだ残っていると思う。だから35歳となるこの一年間は、高度医療も含めて、不妊治療としっかり向き合う一年にするつもりです。だけど、その後は(あまり考えたくないけど・・)、積極的な治療からはもう引退するかもしれません。タイミング法だけは細々と続けていくかも・・。後は神様に任せて、私は来たるべき40代に向けて、仕事や人生のことを本気で考えていきたいと思います。

友人達もそれぞれに置かれた状況の中でがんばっています。35歳は女の人生のターニングポイントひらめきこの一年、大切にしていきたいと思います。vv


にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
posted by カスタードくりーむ at 19:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月19日

みんな仲がいい

不妊治療をがんばっている私のブロ友さん達は皆、夫婦仲が良いです黒ハートぴかぴか(新しい)愛し、愛されているな〜っていうのがブログの文面から伝わってきますし、本当に、旦那さんの子供を産んで、一緒に育てたいんだという思いが強く感じられます。勿論、私もそう思っている一人なんですけどね(*^▽^*)ゞ

私はこれから本格的な不妊治療に入る訳で、不妊治療とはなんぞや・・なんてウンチクを語れるような者でもありませんが、ただひとつ言えることは、良好な夫婦仲であるからこそ、不妊治療とも向き合えるということです。

もし夫婦仲が悪かったら、落ち込んだ時も支え合うことは出来ないし、一体なんのために、誰のためにこんなにがんばっているのだろう??なんて疑問が常に付きまとうような気がする。やっぱり、赤ちゃんを迎えるにあたっては、まず、夫婦二人の関係性が最も大切ですよね。そういう意味では、私達夫婦も赤ちゃんを迎える大前提というのはクリアしていると言えるかな〜るんるん

一方で、最近、毎日のように児童虐待のニュースが流れ、心が痛みます。うちの家に来てくれたら大切に育てたのにっていつも思うのですバッド(下向き矢印)子供を育てる気のないところに赤ちゃんがやってくるなんて本当に非肉な話で、私達にはどうすることもできないけれど・・。虐待される家に生まれることなく、本当に子供を望んでいる夫婦のもとへ赤ちゃんを届けてほしいと、伊勢神宮でもお願いをしてきました。

文月メイさんの「ママ」という曲があります。子供の視点からママへの愛が歌われており、胸がつまって、涙が出ました。(ユーチューブで手書きのイラスト入りの動画が配信されています)

お空にいる沢山の天使達が、今度こそ、幸せな家庭に生まれることができますようにと祈ります☆


にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
posted by カスタードくりーむ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

足湯での苦い経験

急に寒くなりました。朝起きると、手足がとても冷たい・・バッド(下向き矢印)冷え性には辛いシーズン到来です。ふらふら

今朝は足湯をしてみました。ポカポカして、とっても気持ちがいいいい気分(温泉)私、足湯が大好きなんです。
足を通った血液が子宮に運ばれるので、足が冷えていることは子宮を冷やしてしまうことになります。妊娠に向けては、下半身の冷え対策は重要です。

だけど、この足湯には注意が必要なんですexclamation以下をご覧ください。

まず、足湯のあと、足はすぐに拭くようにしてください。
中医学では、病気の原因ともなる邪気が、こうした濡れたときなどに侵入しやすくなると考えますので、しっかりと拭くことが大切です。
そのほか、食べたあとすぐの足湯もよくありません。下肢の血管が拡張して胃腸への血液が一時的に減少してしまう可能性があるからです。
また、女性の場合は、生理中・妊娠中の時は足湯を控え、医師に相談をしてください。出血傾向にある方も注意が必要です。
また、足湯を終えたあとは、すぐに活動せず、できることなら30分程度ベッドなどでリラックスすることも大切です。
さらに治療目的で生薬を使って足湯を行う場合は、皮膚にアレルギー反応がないか、注意するようにしてください。また、足に外傷などがあるときも足湯の可否は医師の指導に従ってください。


上記に、「生理中・妊娠中の時は足湯を控え、医師に相談をしてください。出血傾向にある方も注意が必要です」とあります。

思い起こせば、前回の妊娠初期に、私は45℃くらいの熱いお湯で足湯をやっておりました( ̄ー ̄;勿論、体に良いと思ってやっていたのですが、しばらくして出血が始まり、結果、化学的流産となってしまいました。足湯が直接の原因ではなかったと思いますし、きっと卵自体に生命力がなかったのだと思います。しかし、足湯で温まったことにより、子宮内が充血し、少し開いて出血しやすくなってしまったのではないだろうかと思い、後から後悔しました。もうやだ〜(悲しい顔)

この苦い経験から、今度妊娠が発覚したら、足湯は即止めるつもりです。冷えは大敵ですが、温め過ぎも良くないですし、温める時期についても気にかけた方が良いことを学びました。

適切な温度と、適切なタイミングで体を温めながら、妊活・温活をやっていきたいですね晴れ

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(30代前半赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
posted by カスタードくりーむ at 09:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 不妊治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする